韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

釜山で野宿 その3

パスポートがなければ日本に帰ることができない。草梁の総領事館へ行ったが日曜日なので担当者がいない。インターフォンのボタンを押して守衛のおじさんに領事さんの電話番号を教えてもらった。連絡するととりあえず翌朝一番に来てくださいとのことだった。交番に行ってパスポートの紛失証明書だったか盗難証明書だったかを作ってもらった。

その晩はもうHさんも僕も旅館に泊まるお金がないので、二人でフェリーターミナルの敷地内の階段の下で寝ようとした。屋外でも階段の下なら夜露を避けられる。だが横になっていると守衛のおじさんが来て「ここは国家重要施設なので寝てはいけない」と言った。事情を説明するとおじさんは詰所(?)へ戻ってカップラーメンを二つ僕たちに手渡しながらどこか他の所で寝なさいと言った。体よく追い払われた僕らはありがたくそのラーメンを食べて近くのビルの植え込みの陰に寝床を移した。Hさんがどこからかダンボールを拾ってきたのでそれを敷いて寝た。蚊に刺された。

夜が明けた。翌日からHさんは勤務だというので何としてもこの日の午後の船に乗らねばならない。朝、下関からの船が着く時間を見計らってフェリーターミナルへ行った。船から降りてくる日本人にHさんが頼んでお金を借りることに成功した。すぐにその日の下関行きの切符を買った。Hさんはその足で自転車に乗って総領事館まで行き、臨時パスポートのようなものを発行してもらった。こうして何とか帰国することができたのであった。下関に着いたときは正直ほっとした。

以上が20年前に僕が釜山で二晩野宿することになった顛末である。今考えるとずいぶん無茶だったが、そのときは何とかなると思っていた。野宿も若かったから可能だった。忘れられない思い出である。 (了)

[PR]
by eowjs | 2012-06-28 12:09 | 備忘録 | Comments(0)