韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりに入管へ(新旅券番号の届け出と指紋登録)

前回ブログにパスポートの更新申請のことを書いた。1月24日にソウルの日本大使館へ受け取りに行ってきた。手数料は22万ウォンだった(10年旅券)。受領する際に大使館の係の人に「14日以内に入管へ行って新しいパスポートの番号を届け出てください」と言われた。のんきにそのうち行けばいいやと思っていたが、先週末に新旅券の発行日を見ると1月21日になっている。今日が2週間目になる。それで出勤する途中に久しぶりに中村洞の出入国管理事務所に寄った。

以前はビザの更新や資格外活動許可申請、再入国許可申請などで1年に1回は入管を訪れたけれど、数年前にF5(永住)のビザを取って以来、ほとんど入管へ行く用事もなくなった。もっとも最近は再入国許可もいらなくなったらしいから全体的に「民願人」は前より減っているだろう。

9時半ごろ着く。駐車場には空きがあった。未明からの雪で客足(?)が鈍いせいかもしれない。番号札を取ったが、ほとんど待つことなく呼ばれた。若い女性の担当者はカレンダーを見て指を折りながら何か数えている。14日を超過すると過怠料(金額は知りません)が科せられるというから、たぶん何日経っているかを数えているのだろう。「14日、過ぎていないですよ」と心の中で思ったけれど黙っていた。

それから昨年末に永住資格(F5)登録外国人は入管へ出向いて指紋情報を登録するようにとのハガキを受け取っていた。僕の場合期限が3月末になっていた。それで今回ついでに指紋を登録した。今から20年前の1993年にも同じテジョン入管で指紋を取られた記憶がある。当時はインクのスタンプ台に両手指を押し付けてそれを用紙に写した。インクべったりだった。でも今度はさすがに機械化されていた。まず右手の人さし指、中指、薬指、小指を、次に左手の人さし指、中指、薬指、小指を、最後に両手の親指の指紋を撮った。

誰かが入管もだいぶソフトになったと話しているのを聞いていたものの、お世辞にも感じがいいとは言えなかった。まあ入管という所はどの国でも似たようなものかも知れませんね。用事が済んだので素早く帰った。下は入管から来た指紋を登録せよというはがき。
e0008743_14201674.jpg

[PR]
by eowjs | 2013-02-04 14:20 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)