韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

旧・大田神社

戦前、韓国の各地に神社が建てられた。日本での出身地を異にする居留民たちの心を一つにするための精神的紐帯が必要だったろうし、生活の安寧などを祈願する場所、心の拠り所が欲しかったのだろう。この心情は僕も日本人だから理解できる。大田にも神社があった。
e0008743_12204425.jpg

このうち「太神宮」は1917年に「大田神社」と名称が改められ、1928年に昭和天皇の即位大典を記念して現在の聖母女子高校の位置に遷座した。したがって遷座以前の大田神社を「旧・大田神社」と呼ぶことにする。
e0008743_12225037.jpg

1904年以降大田に移住する日本人が年々増加し、1907年ごろにはその数が約700人に達した。それで居留民らが同年4月に蘇堤山の上に社殿を創設して天照大神の神霊を祀った。これが大田神社の始まりという。この旧・大田神社は大田駅の東側、蘇堤山と呼ばれた丘陵の上にあった。現在の東区蘇堤洞である。旧・大田神社のあった辺りには住宅が密集しており、その位置を確認することすら難しい。だが蘇堤公園へと登る道、同時に旧・大田神社の参道だった道は現在も残っている。上の地図にオレンジ色の矢印で記した道がそれで、現在の様子はこんな感じになっている。↓
e0008743_12342035.jpg

この旧・大田神社の写真だが、LIONDOG様のホームページに写真があった。以前許可をいただいたので、ここに転載させていただく。
e0008743_12391899.jpg

韓国の「ノーカットニュース」というホームページにも旧・大田神社の写真があるのを見つけた。→大田にあった民族精神抹殺のための日本の神社(대전에 민족정신 말살 위한 '日 신사' 있다)。写真を見ると小さな御堂のような建物が一つ立っており、その近くに韓国人と思われる年配の男性が地面に座りキセルでタバコをふかしている。何となくのどかさが感じられる写真だ。1930年代以降の皇国臣民化政策の時代ならともかく、1907年に韓国人の民族精神を抹殺するために大田神社を建てたかかどうかはわからないが、韓国の人たちから見れば目障りな施設だったのかも知れない。

いずれにせよ、ハッキリしているのは1910年代には大田駅の東側の蘇堤山に公園があり、そこに太神宮のちに大田神社と呼ばれる施設があったということ。当時そこから西の方角を見下ろすと眼下には蘇堤湖の水面が広がり、その向こうに大田駅、そしてその周囲に建設が始まってまもない大田の町が見えたことだろう。
[PR]
by eowjs | 2013-06-30 12:55 | 大田(テジョン)の昔 | Comments(2)
Commented by 大田人 at 2017-07-02 14:01 x
It's really amazing information about 大田 at Japanese era. I've always wondering where did Japanese shrine could be in Daejeon. Now I got that mystery. Thanks!
greeting from korea.
Commented by eowjs at 2017-07-02 17:09
大田人님 안녕하세요? 방문해 주시고 글까지 남겨 주셔서 감사합니다. 저도 대전에 거주하고 있습니다. (한국 분이신 것 같아서 한국어로 썼습니다. 제가 영어를 못합니다.)