韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりに沃川(オクチョン)へ

e0008743_22210946.jpg
用事があって久しぶりに忠清北道の沃川(オクチョン)へ行った。
テジョンから車で30分ほどでそんなに遠くない。田舎町というイメージがあるが歴史の古い町だ。
百済の聖明王が戦死したのもこの沃川であるし町の入口には大院君が設置させた斥和碑が建っている。

朝鮮時代まで町の中心だったところは旧邑と呼ばれている。
現在一番賑やかなところは日本の時代に鉄道駅ができてから
形成されたのだろう。かつては日本時代の建物も残っているのを目にしたが最近は取り壊されてあまり見なくなった。

そんな沃川の町を歩いていたら工事現場の隣のコンクリートの
建物の壁にかつての木造家屋が顔を出しているのを見て写真を撮った。日本時代の建物だろうか。



[PR]
by eowjs | 2018-04-22 22:22 | 備忘録 | Comments(2)
Commented by ぱらぞ at 2018-04-26 17:35 x
赤瀬川原平が「トマソン」と命名したヤツですね。
Commented by eowjs at 2018-04-27 16:59
> ぱらぞさん
そうですね。超芸術「トマソン」ですね。沃川といえばぱらぞさんが沃川・青石橋に車で連れて行ってくださったのを思い出しました。ところで話は違いますが最近も「VOW」に投稿しておられますか。