韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 04日 ( 1 )

マンホールのふたの大田市のマーク

このあいだ日曜日に大田(テジョン)市西区のアパート団地の中を歩いていたら、
マンホールのふたの真ん中のところに、以前使われていた大田(テジョン)市の
マークが刻まれているのに気がついた。
e0008743_17434150.jpg
e0008743_17461089.jpg
このマークの象徴する意味については1978年に発行された『大田市誌』に
巻頭で「大田市旗および解説」として次のように説明されている。
e0008743_17482192.jpg

e0008743_17384675.jpg
現在使われているロゴは大田市役所のホームページで見ることができる。ムクゲの花びらと
「大」の字をもとにデザインされているらしい。↓
http://www.daejeon.go.kr/drh/DrhContentsHtmlView.do?menuSeq=1711

検索してみたら、以下のような記事があった。大田市のマークは1995年から現在使われている
ものに変更されたようだ。これは個人的な印象だが、韓国では各種ロゴや会社や学校の名前が
しばしば変わる。こうしたものは日本では一度決めたらそう簡単には変えない傾向があると思うの
だがどうだろうか。ちょっと調べてみたところ、僕の生まれた名古屋市のマークは1907年に制定された
「丸に八」で、もともとは尾張徳川家のマークだったそうだ。100年以上変わっていない。

http://v.media.daum.net/v/19941026094600629?f=o


<지방단신> 대전(大田)시 상징 마크 확정
1994.10.26.
(대전(大田)=연합(聯合)) 대전(大田)시는 26일 무궁화 꽃속에 큰 大자를 뻗어나가는 빗살로 형상화한 대전시 상징마크를 확정했다.
시는 이 상징마크를 토대로 올해말까지 심볼마크, 로고타입, 마스코트, 표지판 등 1백46개의 응용마크를 제작, 내년부터 사용할 방침이다.









[PR]
by eowjs | 2018-06-04 18:34 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)