韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

テジョンでは朝から冷たい雨が降っている。
黄色く色づいた街路樹の葉も
一つまた一つと落ちている。
明日から11月、冬はもうすぐそこまで来ている。
[PR]
by eowjs | 2008-10-31 17:24 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)

聞慶(ムンギョン)へ行く

家内の親戚の集まりがあって週末に慶尚北道(キョンサンプクト)の聞慶(ムンギョン)に行ってきた。廃校になった小学校を改造した研修院に一泊した。周りを散策するとリンゴ畑があってリンゴが木になっている。大邱(テグ)や栄州(ヨンジュ)やここ聞慶はリンゴが有名だ。考えてみると慶尚道と大田(テジョン)は距離的にはそんなに離れていないが、テジョン付近ではリンゴを栽培しているのを見たことがない。多分慶尚道の山間部は気候がリンゴの生育に適しているのであろうと思った。
e0008743_1024672.jpg
e0008743_10241912.jpg

[PR]
by eowjs | 2008-10-28 10:25 | 韓国について | Comments(0)

往年の名選手「王、金田、広岡」

中日がクライマックスシリーズで阪神を下して勝ち上がった。今年に限って言えば阪神の岡田監督は悲劇的ですらある。気の毒な感じがした。

ところでふと思ったのだが、現在の巨人でも阪神でも中日でも10年前20年前とはチームの名前だけは同じだが内容は全く違う。監督も違えば投げたり打ったり走ったりしている選手も全く違うのだ。それでも巨人は巨人、中日は中日だ。僕らの体も個体としては10年前20年前のそれと同じだが個体を形づくる細胞は全く違うものになっているのと似ている。

僕がプロ野球を見始めた30数年前には巨人の監督は川上で名前を覚えている選手では王、長嶋、土井、高田、柴田、森、堀内などがいた。中日は与那嶺監督はじめ星野、高木守道、木俣、マーチンなどがいた。みな懐かしい名前だ。生まれた年代によりきっと思い出の選手もそれぞれだろう。

往年のスター選手、王、金田そして広岡が道を歩いているとお金が落ちていた。それで「おー、かねだ、ひろおーか」と言ったという駄洒落を聞いても今の若い子たちはピンと来ないだろう。彼らの活躍した選手時代を知らないのだから。(落ちがあって、そこに阪神の吉田がいたので結局拾うのを「よした」らしい)

これを越えるプロ野球関連ギャグは現れるのだろうか。
[PR]
by eowjs | 2008-10-21 11:56 | つぶやき | Comments(0)

近づく冬と韓国の唐辛子(コチュ)

今朝の大田(テジョン)は気温がぐっと下がった。8度ぐらいか。日中は雲ひとつない天気で午後になって日差しが温かくなってきた。団地内を歩いていると片隅に唐辛子(고추 : コチュ)が干してある。赤い色が陽に映えてとても綺麗だ。

このように日光に干した唐辛子を「태양초(テヤンチョ)」という。おおかた「太陽草」とでも書くのだろう。最近は田舎でも大量に乾燥させる場合は機械の温風で一気に乾かすが、かつては写真のように幾日も天日干しを繰り返して乾燥させたという。真偽のほどはわからないが機械より天日干しのが美味しいコチュカル(唐辛子粉)ができるといわれる。

こうして干した唐辛子を「방앗간(パンアッカン)」に持っていって挽いてもらって粉にし、冬の間に食べるキムチを大量に漬ける「김장(キムジャン)」の時に使うのである。だから今頃の季節に唐辛子を乾かすことはちょっと大袈裟に言えば「冬越し」の準備であるともいえよう。

e0008743_14411387.jpg
[PR]
by eowjs | 2008-10-11 14:42 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)

大変なウォン安、大丈夫か韓国経済

今日の韓国の外国為替市場ではここ数日すごい速度で続いているウォン安の動きが更に進んで1ドル=1,395ウォン。異常なほどである。経済のことは全くわからない素人の私でも「ヘッジファンド」とかが関係しているんじゃないかなどと考える。大丈夫か、韓国経済。

円に対するウォン安も深刻な水準で、今日午後3時現在100円=1,395.28ウォンだそうだ。今年の初めに日本に帰省した折は確か100円=1000ウォン以下だった記憶がある。韓国でウォン貨で給料もらっている私としては日本に行くときウォンが高い方が有利なのです。

しかしこんな個人的な損得を言っている場合ではないのかも知れない。韓国経済にとって大変なことが起きそうな予感がする。韓国の金融当局者は97年の通貨危機のときとは違うと言っているが、何がどうなるかわからない。
[PR]
by eowjs | 2008-10-08 18:14 | 韓国について | Comments(0)

トリベンベンイとセンソンククス(韓国料理)

お昼にセンソンククス(淡水魚をミキサーにかけて粉々にしたものをつゆに混ぜて作ったソウメン)を食べた。京釜高速道路で永同(ヨンドン)まで行き、そこから更に10分ほど走って沃川郡青山面の食堂へ。「ソングァンチプ(선광집)」という食堂へ入る。1962年創業と書いてある。田舎の趣ある食堂だ。トリベンベンイ(淡水魚を油で揚げて甘辛いソースを絡めたのを円形に並べてある料理)と問題のセンソンククスを注文した。味は可もなく不可もなくというところか。ソウメンは5000ウォンだった。e0008743_1892535.jpge0008743_1893668.jpg
[PR]
by eowjs | 2008-10-05 18:11 | 韓国について | Comments(0)

開天節と太極旗

今日(10月3日)は開天節(ケチョンジョル)で休み。日本の建国記念日のような祝日だ。

檀君の父である桓雄が初めて天の門を開いて白頭山の神檀樹の下に降りて来た日だそうだ。それがBC2457年の陰暦10月3日だという。日本の建国記念日の場合神武天皇が即位したのがBC660年というから韓国のほうがかなり古い。(もちろんこのいずれも歴史的事実とはいえないことはみんな知っているけど)。

私が住んでいる団地は祝日の朝には管理事務所の人が放送で「太極旗を掲揚しましょう」と言う。今朝も放送があったが、国旗を掲げているのは大体2割から3割ぐらいのようだ。三一節や光復節はもうちょっと多い気がする。

写真はさっき団地の警備員室の前で撮った太極旗。10月1日の「国軍の日」から10月9日の「ハングルの日」まで官公庁では9日間掲揚しっぱなしにするという。見慣れてしまったので特に感懐はないが、よく見るとこの旗は複雑で描くのが難しそうだ。上下、裏表も間違ってしまいそうだ。

e0008743_1823385.jpg
[PR]
by eowjs | 2008-10-03 18:31 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)

チェ・ジンシル(崔真実)のこと

私にとって韓国の女優と言えばチェ・ジウでもなくキム・ヒソンでもなく、チェ・ジンシル(崔真実)だった。1992年にソウルの延世大学の語学堂で韓国語を勉強していた時、何の授業だったかは忘れたがチェ・ジンシルとパク・チュンフン(朴重勳)が主演の「나의 사랑 나의 신부(ナエ サラン ナエ シンブ)」を見た。可憐な姿だった。16年経った今、授業の内容よりこの映画のことが印象に残っている。年譜を見ると1968年生まれだからこの映画を撮ったときは彼女は21歳か22歳だったのだ。その後1990年代の彼女のドラマ、映画その他における活躍はここに紹介するまでもなかろう。

月並みな言い方だけど、彼女は老いた姿を見せることなく永遠に美しい姿のままで記憶されることだろう。冥福を祈りたい。
[PR]
by eowjs | 2008-10-02 16:42 | 韓国について | Comments(2)