韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

対馬旅行 その3 (韓国の携帯が使える鰐浦)

対馬の最北端「鰐浦(わにうら)」に韓国展望所がある。天気がよい日にはここから釜山の街が見えるらしい。

司馬遼太郎氏の「街道をゆく」壱岐対馬の道で、対馬への旅に同行した李進煕氏、金達寿氏らが当時の政治状況のため故郷の土を踏むことができなかった故郷韓国を目をこらして見ようとする場面がある。

その舞台は西目であって鰐浦ではなかったが、当時実際に韓国が見えたなら李進煕、金達寿の両氏は本当に感慨深かったことであろう。僕らが訪れた日は曇りで韓国は見えなかった。

韓国展望所に話を戻す。ガイドさんがここから韓国の携帯電話でローミング等しなくても通話できるというので、大田の家に電話してみた。そうしたら本当に電話が通じた。日本にいるのに韓国へ国内通話料金で電話ができるのだ。ちょっと驚いた。釜山まで約50kmという。

写真は韓国展望所。
e0008743_1238086.jpg

[PR]
by eowjs | 2009-07-19 12:37 | 韓国について | Comments(0)

韓→日翻訳の仕事

今日は朝から雨が降ったり止んだり。

D文化社の社長さんに頼まれて、数日前から大田市の食堂を紹介する小冊子(日本語版)の翻訳をしている。韓国語の原稿は誰が書いたのか知らないが、「신선한◎◎」 「~가 일품이다」というのがやけに多い。

それから個人的に好きな食堂がいくつか抜けている。どのような選定基準によるのかも不明だ。

HWPファイルA4で11枚に過ぎないのだが、すごく時間がかかった。ちかれたび~。
[PR]
by eowjs | 2009-07-17 17:48 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)

日本大使館

子供のパスポートの切り替えのため、ソウルの日本大使館へ行って来た。大使館領事部はビルの7階にある。7階でエレベータを降りると空港で受けるようなカバンの検査とボディチェックがある。そこから右の方へ行くと韓国人のビザ申請等の窓口、左には邦人のパスポートや各種届け出の窓口がある。

韓国人の日本観光にビザが必要だったころは右側の空間に人がウジャウジャいたが、ノービザになって以来いつ行っても閑散としている。以前は今のビルよりももう少し北というか、うわ手にあった建物で領事業務も行なっていたが、いつ頃だったか忘れたが、ビル内に移った。

パスポートの申請はすぐ済んだ。窓口は保安上の理由かガラスがぶ厚い。そのままでは声が通らないので顔の高さぐらいのところに風呂の排水溝のふたのような丸いのがあってそこを通じて中の職員と話をするようになっている。係のおねえさんに11月に領事出張サービスで大田に行くのだがその時に新旅券を受け取るか?と聞かれたが、来週のうちに受け取りに来ると答えておいた。

ところで僕は大使館に行くときはいつもソウル駅まで行って地下鉄に乗り、鍾閣駅で降りて歩くのだが、ソウルの地下鉄の切符の買い方が以前と変わっていた。紙の切符はなくなったようだ。1回用の交通カードというのを買った。地下鉄の料金は1000ウォンだが、カード保証金というのが500ウォンで、降りた駅でその500ウォンを払い戻してもらうシステム。最初何だかよくわからなくてまごついてしまった。思い切りおのぼりさんをしてしまった。いつ変わったのだろう。たぶん田舎から出てきた爺ちゃん婆ちゃんもあれにはまごまごするだろうなと思った。

ソウルにはこれといって用事がないので、すぐにKTXに乗って大田に戻った。50分しかかからなかった。MP3で音楽を聴いていたらあっという間に着いてしまった。昔はトンイル号やムグンファ号はドアも手動でデッキで兄ちゃんが新聞紙を敷いて座り煙草を吸っていたりした。ドアも開けっ放しで走っていたりしたが、韓国の鉄道もずいぶんと綺麗になり洗練されたものだ。
[PR]
by eowjs | 2009-07-16 08:38 | 韓国について | Comments(0)

対馬旅行 その2

フェリーと対馬上陸

釜山と対馬を結ぶ船は変わった形をしていた。言葉では説明しにくいが、舳先が二つあるのだ。この形が揺れにくいのだそうだ。行きはほんの少しだけ揺れた。厳原(いずはら)港の入国管理の窓口は4つしかなく、韓国人の場合、写真や指紋を取るので随分待たされた。入管を出たところにワゴン車が停まっていて、ガイドさんの運転で上見坂(かみざか)園地へ向かった。ここに宗武志(そうたけゆき)の詩碑があった。

島も痩せたが 友も痩せた
魚形を削りながら だまって潮を見る
だが俺には夢がある
言いさして友は笑う
深夜 世界図を開く コンパスを取る
島を軸にぐるっと廻す

宗武志(1908~1985)は伯爵。対馬藩主だった宗家の当主で、徳恵翁主の夫であった人だそうだ。




対馬では色とりどりの花があちこちに咲いていた。花の名前をよく知らないので一つ一つここに書けないのが残念だが、一番印象的だったのがアジサイだ。アジサイは照りつける日差しよりも梅雨時の曇り空が似つかわしい。久しく韓国に住んでいるのでほとんど目にすることのなかった花だ。宿舎の玄関の前にも咲いていた。韓国に戻る日に朝食を済ませて外に出た。玄関先に女将さんがいたのでアジサイについて聞いてみた。旅館の道路の向かいにもたくさん挿し木をしたという。同じ木から挿し木をして増やしてもその土壌によって違う色の花が咲くのだと言った。

( つ づ く )
[PR]
by eowjs | 2009-07-14 14:49 | 備忘録 | Comments(0)

対馬旅行 ①

先週の金曜日から韓国の旅行会社のツアーを利用して2泊3日で対馬へ行って来た。朝6時半大田駅発のKTXで釜山へ。大田駅のプラットホームに「AED」があった。(帰りのKTXの特室にもあった)
e0008743_1445865.jpg


釜山駅に着いてタクシーで国際フェリーターミナルへ。ガイドさんの説明を聞いてフェリーに乗る。ほぼ満員だった。2時間半ほどで対馬の「厳原港」に着いた。入国手続きをする建物に韓国語で「쓰시마에 어서오세요」と書いてある。
e0008743_14473273.jpg


( 続 く )
[PR]
by eowjs | 2009-07-13 14:49 | 備忘録 | Comments(0)

今年3回目の補身湯

昨日のお昼、職場の上司のお誘いでポシンタンをご馳走になった。ニラがたくさん入っていた。以前は犬肉独特の匂いが鼻についたが、慣れたのかあまり気にならなくなった。でも脂身の部分は残してしまった。同僚のMさんはこれを食べると力が沸いてきて走り出したくなるのだそうだ。

初伏(チョボク)は来週14日のようだ。
[PR]
by eowjs | 2009-07-08 08:08 | 備忘録 | Comments(0)

雨の日の運転

テジョンも梅雨前線の影響で未明から雨。結構強く降っている。さすがにカッパを着て自転車で出かける勇気もなく車で出勤した。

ハンバッ大路、片側4車線の広い道路だが、所々とくに交差点付近に凹凸があって凹んだ箇所に雨水がたまっている。そこを通るとかなりの水が跳ね上がる。自分の車が水を跳ね飛ばした時はさほどでもないが、右前あるいは左前を走っている車が「ビャーッ」と飛ばすとそのしぶきがフロントガラス全体にドバッと広がりワイパーを動かしていても一瞬前が見えなくなる。

時間にしたら1秒かそれ以下ぐらいのものだろうが、時速70キロで走っているので結構危ない。車は便利だが、やはり夏は自転車でえっちらおっちら風に吹かれて走っているほうが好きだ。
[PR]
by eowjs | 2009-07-07 08:42 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)

自転車のタイヤチューブ

最近また自転車で通勤している。距離は片道約11km。所要時間は45分から50分。昨日も職場に行って帰る途中、突然「シュー」という音がして後輪のタイヤからたちまち空気が全部抜けた。単純なパンクではないようだ。隣の団地の自転車屋さんへ行った。

見てもらうとチューブごと替える必要があるそうだ。店主は足が不自由で杖を突きながら作業をしている。1万ウォンだった。
[PR]
by eowjs | 2009-07-06 10:20 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)