韓国大田(テジョン)にて

shinkiku.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大田公立高等女学校の校歌など

戦前大田にあった大田公立高等女学校の同窓会誌『楊蔭』を手に入れた。1962年の発行で、当時健在だった同窓生たちの写真や教職員や同窓生から寄せられた文章などが載っている。第13回卒業生(昭和11年3月卒業)の土屋英子さんという方の編集発行だそうだ。今のようにインターネットや携帯電話、E-mailのなかった時代に数多くの人に連絡をして原稿を取りまとめ、こうした本を作るのは本当に大変だったと思う。ちょっと見ただけでも興味深い話が少なくないが、とりあえず巻頭に載っている同校の校歌を紹介しようと思う。

大田公立高等女学校校歌

葛原𦱳 作詞
小松耕輔 作曲

1. 日毎伸びては栄えゆく
 宝文山の若松は
 たかき操をしめすなり
 希望にもゆる乙女子われに

2.国の袴の桜花
 こゝにも笑みて日に匂ふ
 雄々しくつよき遊びにも 
 やさしさあれや そのほゝえみに

3.広くはるけき大洋へ
 大田川のたえせざる
 旅をつゞくる心もて
 いそしみ学ぶ楽しき我等

[PR]
by eowjs | 2013-12-27 11:42 | 大田(テジョン)の昔 | Comments(0)

クリスマスの青い鳥

おとといは仕事が休みだった。韓国ではクリスマスは祝日だ。中3と小5の娘が夕飯を準備してくれるという。いろいろ材料を買ってきてワイワイ騒ぎながらカナッペ、ピザ、サラダなどを作っている。僕は散歩に行った。

甲川沿いの道を大田歴史博物館まで歩いた。うちから5kmぐらいの距離。思ったより気温が低くなく、寒くなかった。うちのインコの食べ残した粟玉をビニール袋に入れて持っていき、途中の河川敷にいる鳩にやった。

帰りに万年橋の下で青い鳥を見た。鮮やかな青だった。見た瞬間、カワセミだと思った。うちに帰ってインターネットで調べてみたらやはりカワセミのようだった。

楽しいクリスマスだった。感謝。
[PR]
by eowjs | 2013-12-27 10:13 | 大田(テジョン)の今 | Comments(0)